育児と猫に追われる日々

生活、趣味、育児、たまに猫、妊娠中の出来事などなど。HSP気質、不眠で不器用ですが楽しく育児したい。色々抱えながらも超元気なベビちゃん。

過去にパソコン漬けな毎日を送っていた自分が今思うこと

(様々な意見があると思いますが、私個人が思った事をそのまま書いてるだけなのでご了承ください)

 

パソコン漬けだった頃が懐かしい今日この頃です。

半年ROMれ」ってもう死語ですよね。元々は掲示板などで「コメントするな、黙って見てろ」みたいな意味で使われていた言葉です。今で言えば、クソリプするなみたいな感じだと思います。

なんだか日本人らしい空気を読む文化を感じさせる言葉ですね。

 

現在、「半年ROMれ」をネット検索すると、「半年ROMれが再評価」「半年ROMれが話題に」とか出てきます。2019年あたりの記事だと思います。

 

私がパソコンの世界にのめり込んだのは小学校高学年くらいの時でした。

検索をかければ知りたい事が知れる、チャットができる、という世界に魅了されていました。

不登校になった時には、不安な気持ちをかき消してくれる精神安定剤みたいな存在でした。完全に依存していたと思います。

 

ネットは便利で、面白いし飽きない。だけど、怖い人もたくさんいる、と当時は感じていました。

私の子供の頃の性格上、打たれ弱くてすぐに強い言葉を使ったりする人が嫌いだったりしたので、掲示板やまとめサイトとか見ていて、そんな人がいる事が嫌でした。

 

もちろん、純粋に楽しみたい人や普通に優しい人の方が多いと思います。

サイトによっては、独自の言葉や暗黙のルールがあったりします。これを守らないと「ROMってろ」と言われる訳ですね。

 

ただ、悪意や敵意をむき出しにした発言をしてくる人がいたり、ちょっとした出来心でしてしまった発言や暗黙のルールを無視した発言が誤解や反感を招き叩かれたり、価値観の違い等から傷つけらたりすることがあります。

 

それが、私がROM専をしていた理由でもあり、インターネットの現実です。

当時パソコンの使い方があまり分からなかったのもありましたが。

私がそれを自分で気付けたから良かっただけで、もしそんな事も知らずに安易にネットで軽はずみな発言や個人情報を特定されるような情報を投稿していたとしたら、叩かれたり晒しあげられたりしていたかもしれないですね。

 

きっと、ネットこわーいネットリテラシーって大事だなーと思えた方がいいんだと思います。ただなんとなくアカウント作って、暇だから誰かの投稿にコメントして、インターネットの世界って平和だなー自由だなーと思っていることがいいことだとは、私は思えません。

 

もちろん線引きはすごく難しいと思います。表現の自由を無視するのか、尊重し合うことも大事じゃないのか、批判と誹謗中傷は違うじゃないか、意見や不満すら言ったらダメなのか、とか。

それでもなにより1番大切なことは、ネット社会において傷つく人を1人でも減らすことです。

 

匿名だから、削除できるからって軽い気持ちで誹謗中傷やデマを流す人は許されるべきではない。不謹慎系YouTuberとかも。

その誹謗中傷やデマを流している人達に対してまた誹謗中傷が起きる。そういうことも無くすべきだと思います。

本来、心優しい人が血相変えて、お前も同じ目に合わせてやる!って言ってるの、悲しくないですか?

私は嫌です。どんな理由であっても人を攻撃する残虐性を正当化するのはおかしい。

そう言いたくなる気持ちは痛いほど分かります。許す必要はないし、そんな人に言葉遣いを正したりするなんてことはしなくていいけど、ほとんどのトラブルは、攻撃に攻撃を繰り返すことでは解決しません。

 

自分も10代の頃のSNSの使い方に反省している面もあります。攻撃的な内容の愚痴や、感情的で不愉快な言動が多少なりともあったと思います。

その時は無意識でも、後になってから気付くことも多いです。

 

私にはネットの怖さを教えてくれた、ネット上の先輩達がいた。

じゃあ今の子供たちには誰が教えていくんでしょうか。スマホはパソコンと違い、幼児でも操作できます。SNSは見るだけ、なんてできるんでしょうか。

きっと、好奇心から自分も投稿してみたいって思う子多いですよね。

 

+−×÷を習ってる子供が、「インターネットは自分の思いつきをそのまま発言するだけでなく相手や投稿を見ている人に不快な思いをさせないように気をつけなければいけないからこれはよく考えて発言しよう!」って瞬時に考えられるんでしょうか。

私は今、幼い子供を持つ親として、世の中のいい面も悪い面もたくさん、教えれることは教えていくべきだと考えています。

 

私はパソコンやネットが昔から好きです。そんな中で犯罪やトラブルが起こっていることは悲しいことです。本当はもっと言っておきたいことがある。

まだブログを始めたばかりなので、誰にも読まれないかもしれないけど、この記事を残しておく事に意味があると思うので、書きました。

読んでくださった方ありがとうございます。

インターネットやSNSがより安全に、楽しいものになっていきますように。

...