育児と猫に追われる日々

生活、趣味、育児、たまに猫、妊娠中の出来事などなど。HSP気質、不眠で不器用ですが楽しく育児したい。色々抱えながらも超元気なベビちゃん。

子供って可愛い

今日は育児の事を書きます。

 

突然ですが、猫のおしりって可愛いですよね🥰

毎日ハチとベビちゃんに囲まれて幸せです。

f:id:kitty_h:20200525211609j:image

そんな毎日ですが、元々短気だからやっぱりイライラする時はするし、早く寝て欲しい〜って思う事もあります。

私は出産前の日常では赤ちゃんや小さい子供との関わりはほぼなかったし、コミュニケーションの面でちゃんとやっていけるのかすごく心配でした。

コミュニケーションって、あまり得意分野じゃないし…

 

私の母と兄弟は子供達と関わる仕事をしているのに、私はあまり子供好きではありませんでした。

それでも産んで育てるからには教育方法とか、ちゃんと考えないといけないですよね。

 

その事を妊娠中ずっと考えてました。英語はコミュニケーション能力を身につけるのにも役立つから早めに始めた方がいいかな、多少無理しても同じくらいの子供を持つママ友とかいた方がいいのかな、とか。

 

実際に産んで思ったのは、やっぱり自信がない…。

赤ちゃんになんて声をかけたらいいか分からないし、そんな余裕があるなら寝たい!そんな新生児期でした。なにより、少しの衝撃で壊れてしまいそうなくらい小さい。そして寝顔は天使そのもの👼

そんな気持ちがグルグルしながら過ごしていました。

 

毎日寝る時間がなくて、寝かしつけの方法とか、授乳間隔が開いてくる時期とか、藁にもすがる思いで検索かけていました。

2ヶ月くらいからはもう慣れてきて、夜は歌を歌ったりして過ごしていました。

これは個人差が大きいと思いますが、朝から夜まで寝るようになったのは3ヶ月半くらいからです。

 

可愛いんだけど、ゆっくり眺めたり顔を見ながら授乳したりとか、そういうのってなかなかできませんでした。余裕がなかったから…。

それはすごく後悔してます。1番可愛くて大変な時期、母親っていう立場は実は損なのでは?とすら思ってしまう程。

今では可愛くて可愛くて仕方ないリトルプリンセスなんですが、そんな時期もありましたね。

f:id:kitty_h:20200525225113j:image

(食事の時はなぜか横柄な感じのプリンセス😂)

 

そして、妊娠中にあった心配は、それほど心配ではなくなりました。普段なら苦手でできるだけ避けたい電話もコミュニケーションも、ベビちゃんのためなら自然とできるようになったからです。

 

出産してからも子供との会話は不安でしたが、子供はあっという間にたくさん笑うようになって、声を出すようになって、きっと子供は親が思うよりも少しの刺激でたくさんの事を毎日学んでいるんだと思いました。

 

そして、毎日毎日、見れば見るほど可愛くなっていくベビちゃん。

たくさん褒めて会話して一緒に笑って、毎日楽しく過ごしていくだけで精一杯な日もあるし、それだけでいいんじゃないかと今は思います。

...